04
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
28
29
30
   

新しい出会い

早いもので、モモが月に帰ってから4週間が経ちました。

モモが居なくなってすぐは、
べったりくっ付いて甘えてくる子が居なくなってしまったので
寂しくて悲しくて、そして暇でしょうがなかったのですが、
最近はまた忙しくなり、そんな気持ちもすっかりどこかへ行ってしまいました。

04270-1.jpg
この写真でわかる方はすぐにわかると思うのですが・・・
4/15に新しい子をお迎えしました。
モモが居なくなってたった半月で新しい子をお迎えするのは
かなり悩みましたが、出会ってしまったのです・・・

モモが居なくなってから、毎日モモのいないケージ(お骨はありますが)
を眺めて話しかけては寂しくなってしまい、
落ち込むことも多かったので、気晴らしにウサギ専門店のHPの
子ウサギを見て癒されていました。

そこでふくの生まれ故郷である埼玉県草加市にある
うさぎ舎」の子ウサギを見ていると、
「とびっきりの甘えん坊」と書かれたネザーの子ウサギの女の子を見つけました。
モモのようにべったり甘えてくるネザーの女の子は珍しいので、
どれぐらいの甘えん坊ぶりなんだろうと気になり
お店に見に行ってみようと思ったのです。

ところがお店に行ってみると、「その子は今朝売れてしまいました」との事・・・
HPに載ってからそんなに経っていないのに驚きです。

そこでモモのことを話してみると、
「同じ日に生まれたその子の姉妹がいるけど、
まだ小さくてお店に出していないから
もし会いたかったら連れてきますよ」との事。
その子も甘えん坊らしい。

せっかくお店まで行ったことだし、
あってから帰ろうと思い、会わせてもらうと
聞いていた通り、とても小さい。
そして初めてお店に来たのに全く臆することなく、
元気に動き回り、ふくと同じく抱っこも平気。

そしてやはり一度抱いてしまうとダメですね・・・
可愛くて離れたくなくなってしまいました。
最初に書いた通り、かなり悩みましたが
結局連れて帰ってきました。


04270-2.jpg
うさぎ舎は子ウサギと一緒にケージを買うと
ケージが半額になるので、コンフォート80も一緒に購入。
あと一緒に買ったのはトイレとお花のクッション、
乳酸菌のサプリです。
ペレットと大麦あっぺん、アルファルファに
トートバッグとレコードブックはお店からのプレゼントです。
おまけにドライフルーツも頂きました。


04270-3.jpg
モモのケージを片付け、コンフォート80を組み立てて
待たせていた子ウサギとご対面。
初めての車移動の後でも疲れている様子もなく、
元気そうで一安心です。


04270-4.jpg
モモが初めて我が家に来た時の写真がありました。
モモは臆病な性格だったので、
箱の隅で丸まって固まっていました。
こうして比べてみると、性格の違いがわかりますね。
ふくの写真も探してみたのですが、箱に入った写真がなかった・・・
ショック。


04270-5.jpg
ケージの中へ入れると、さっそくペレットを食べてくれました。


04270-6.jpg
牧草も食べました。お水もちゃんと飲めました。
小さいのでお皿でお水を上げていたという事なので
モモが使っていたサイホンドリンカーを使っています。


04270-7.jpg
ハウスの中に入ってチェック。


04270-8.jpg
ふくともケージ越しにご対面。
今までふくは小さいと思っていましたが、
こうして見るとふくがすごく大きく見えます(笑)
ふくは他のうさぎにあまり興味がないのか、
この時も匂いを嗅いですぐどこかへ行ってしまいました。
とりあえず喧嘩することはなさそうで良かったです。


04270-9.jpg
しばらくケージの中を探検していましたが、
すっかり落ち着いたので正面からのお顔をパチリ。
ここでやっと紹介させて頂きます。

2017年1月25日生まれの
ネザーランドドワーフの女の子
名前は「もなか」です。
我が家へ来たのは4月15日なので、
生後2か月と3週間ほどですが、成長が遅く
体重は333gしかありませんでした。

そのためデビューが遅れていたそうですが、
「成長がゆっくりで体格も小さいんだと思う。
温かく成長を見守ってくれるなら連れて帰っても大丈夫」
とのことで、無事に我が家の子になりました。

体は小さいけれど生後3か月近いこともあってか、
おブス期に入ってきてるのかな?
ちょっとお顔とお耳が長めな気もしますが
とっても元気で甘えん坊。
初日から撫でてアピールをするし、翌日には脱走して
サークルを元気に走り回っていました(笑)

もなかの成長記録などは次回に書こうと思います。

という事で、我が家の新しい家族、もなかを
これからどうぞよろしくお願いいたします。


*******

04270-10.jpg
モモはダイニングの棚へ移動してもらいました。
ここから私たちを見守ってくれていると思います。
もちろん毎日お供え物をして、話しかけています。


04270-11.jpg
こちらはお迎えの日にお店で撮ってもらった写真です。
元気に動き回るのでなかなか写真が撮れず、
皆で笑ってしまいました(笑)






にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ モダンインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

モモの最後の闘病記録。乳び胸の難しさ

04240-1_20170424145939829.jpg

気が付けばもうすぐGWですね。
私はカレンダー通りの休みなのであまりゴールデンな感じがしませんが(笑)

さて、書くと言いながらなかなかかけずにいた、
モモの前回の治療経過から最後の日までを書きたいと思います。


04240-2_2017042414594012a.jpg
いつも私にお尻を向けてくっ付いていたモモ。


04240-3_20170424145942907.jpg
顔が見たかったのでスマホの自撮り機能でパチリ。
美肌効果のおかげでふんわりした写真になりました。


04240-4_20170424145943a07.jpg
3/22の写真。
頬がすっかりこけてしまい、やつれているように見えます。


04030-1_201704031552079e8.jpg
3/25の写真。
24日の夜から食欲が落ちてきてしまい、呼吸も荒くなってきました。
この前に胸水を抜いたのが3/6なので、この時で19日経過しています。
この日は病院に行けなかったので、翌日の26日に病院へ連れて行きました。


04240-5_20170424145945d79.jpg
26日には少し調子を戻していて、食欲も少し出ていたのですが
6日に胸水を抜いてから3週間たっていることもあり、
エコーで確認すると胸水が溜まっているようでした。

ということで、3週間ぶりに胸水を抜いてもらうことに。
ところが最初に真っ赤な液体が出てきてしまい、一度中断。
血管に当たってしまったのかもしれないということで、
場所を変えてもう一度抜いてみると、
今度はなかなか胸水が抜けない。

エコーを拡大してみてみると、内部のヒダヒダが邪魔をして
胸水が抜けないのかもしれないとの事。
この時に胸水が抜ける場所を探しながら、
先生が「あーチクショウ」とボソッと呟いていました。
モモのために一生懸命やってくれているのに
なかなか上手くいかなくて悔しいのがすごく伝わってきました。

針の太さや場所を変えて何回か試しているうちに、
頑張って耐えていたモモが暴れだしてしまい中断。

すると段々を痙攣を初めてしまい、ショック状態になってしまいました。
慌ててキャリーに戻し、先生が酸素室のチューブを伸ばしてきて口元にあてて、
私は「大丈夫だよ」と声をかけながら
落ち着くまでずっと撫でていました。

幸い段々と落ち着いてくれて、呼吸も落ち着いてきましたが
「痛みが出てしまったんだと思います。
今日はもう無理だと思います。
抜けなくて申し訳ありません。
次回は必ず抜けるように頑張ります。」とのことで、
この日はそのまま帰宅しました。

先生は「もしかしたら今日はご飯を食べてくれないかもしれない」
と心配してくれていましたが、
モモはケージに帰ってしばらく休むと
そのうちに自分から出てきて、クッションの上でゴロゴロしていました。
上の写真はその時の物です。

横になることは出来ているけど、
やはり苦しいのか口呼吸になっていますね。
エコーを当てた部分はジェルがカピカピになって
どうしても毛が固まってしまいます・・・

そしてこの日は不思議と食欲もあり、ペレットも食べてくれて嬉しかったです。


04240-6_20170424150009dd1.jpg
3/28午前1時過ぎの写真です。
この写真が生きているときの最後の写真になってしまいました。
長期間のステロイド投与により、筋力がかなり弱ってしまい
この頃にはまともに座っていることができず、
足がこんな風にだらーんと伸びてきてしまっていました。
26日の治療中も、看護師さんが一生懸命保定をしてくれているのですが
足に力が入らないモモは何回もよろけてしまっていました・・・


そしてこの日の夜から食欲がなくなり、
呼吸もだんだんと荒くなってきました。
29日の水曜日は先生がお休み、
30日の木曜日は休診日ということで病院に行けないので
モモが持ちこたえられるか不安でしたが、やはりダメでした・・・


モモの最後の日の呼吸の動画を載せておきます。
載せるかどうか最後まで悩みましたが、
モモが頑張った証として、載せておこうと思います。
かなり辛い動画ですので、見たくない方は見ないようにしてください。

最後の日、お昼過ぎぐらいにこの呼吸になったときから
危ないと思い、泣きながら撮影しました。
何度か持ち直すものの、幾度となくこんな呼吸になってしまい、
私はモモに「もう頑張らなくていいんだよ。
今までよく頑張ったね。大好きだよ。ありがとう。」
と何度も話しかけていました。
モモは辛いのに手をペロペロと舐めてくれて、
大好きと伝えてくれているようでとても嬉しかったです。


04240-7_201704241500116d0.jpg
週末にいつも体重を量っていたのですが、
25日の週は調子が悪かったので量りそびれていました。
そのためモモが月に帰った後に
体重計に乗せてみると、1328gでした。
最後の2日間はあまり食べていなかったので、1350gぐらいまで
増えていたんじゃないかな。
苦しいのにいっぱい食べて頑張ったね。
モモは本当に偉いです。

今回この文章も書きながら涙が止まりませんでした。
そのため読みにくい部分もあるかもしれませんが、
お許しください。

モモの病気がわかったのは2015年の1月9日ですが、
胸水が溜まっていると分かったのが2016年の12月11日。
そして胸水が乳び胸と判明したのが12月24日でした。
それからほぼ毎週胸水を抜いてもらい、
3月30日に月に帰るまでわずか3か月と少し。

乳び胸は予後があまりよくない病気とわかっていましたが、
あまりにも早くて驚きです。
モモの場合は先生が今まで見てきた乳び胸の子たちよりも
胸水が溜まるスピードが早いと言われていたので
あまりよくない状態だったんだと思います。
うさぎの乳び胸は症例も少なく、
治療法が確立されていません。
ずっと与えていたルチンのサプリもモモには
あまり効いているようには思えませんでした。

今回モモは助かりませんでしたが、
早く治療法が確立されて助かる子が増えるといいなと願っています。



~~~~~~体重・治療費等メモ~~~~~~

体重 3/19 1299g
    3/30 1328g

3/26 診察料  864円
    処置料 2,160円
    合計  3,024円

3月分の酸素室レンタル料
3/1~25日分 756円×25日=18,900円
3/26~30日分 540円×5日=2,700円
 合計 21,600円
*日本医療の酸素室は181日目から540円/1日になるため。
 モモは合計で185日もの間酸素室をレンタルしました。
 モモの頑張りに感謝です。






にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ モダンインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

ふく、5歳になりました

昨日は寒かったのに、今日はとても暖かい日になりました。
ソメイヨシノは葉桜になってしまいましたが、
八重桜が咲き始めていてまだまだ綺麗なお花が見られそうです。

先日はモモのために、温かいお言葉を本当にありがとうございました。
最後の日までの経過を書こうと思いつつ、
まだ悲しくてそんな気になれません・・・
もう少し落ち着いたら書こうと思います。


***


04120-2_20170412165150c0a.jpg

話は変わりますが、昨日はふくの5歳の誕生日でした。
この写真は4/1のモモの火葬の日の朝に撮ったものです。
この日はいつもと違うのがわかったのか、
ケージの中のいつもと違うところにチッコしてアピールしたりは
していましたが、それ以降は特に食欲も落ちることなく
元気にしています。

モモが居なくなったら少し落ち込んだりするかと
心配していましたが、全くそんな様子もなく安心しています。


04120-3_2017041216515284e.jpg
モモが居なくなった分、モモの部屋んぽの時間だった分も
増やしてあげようかと思ったのですが
ふくはケージの扉を開けても出てこないで中で寝ています・・・
ふくの中で、その時間は寝る時間になっているんでしょうね。

そしてふくの時間になっても自分から出てこないで
抱っこされるのを待っているのも変わらず。
仕方がないので抱っこして出してあげています。

試しに自分から出てくるかどうか
ケージの前で待っていたら、足ダンされてしまいました(笑)
そして抱っこした後もすぐに下すと
足ダンして怒ります。
どんだけ抱っこ好きなの。


04120-1_20170412165149252.jpg
ふくがモモのお供えやお花を食べようとするので、
最近はサークルを変形させてモモのケージ前をガードして
その分ダイニングへはオープンにしたりしていると、
ふくはダイニングへ探検しにいこうとするんですが
このビビりっぷり。
腰が引けてる上に内股になってて可愛いんです。
毎日こんな感じでビビリ、なかなか奥まで行けないふく。



その時の動画です。
モモは好奇心旺盛でどこへでも行こうとしたので
真逆な性格で面白いです。
いつになったらキッチンまで行けるようになるのやら。


04120-4_201704121651531f1.jpg
これはふくをお迎えした日の写真です。
初日からこんな寝相で寝る子だったから
大物になるかな?と思っていたんだけどな(笑)


04120-5_20170412165155a88.jpg
こちらはお迎え翌日。
こうやって見ると、色以外はあまり見た目が変わってません。


04120-6_20170412165209abc.jpg
お迎え一週間後、モモと初対面の瞬間です。
サークルの外にふくのケージを置いていたので、
モモをサークルから出すと一目散に向かっていきました。
積極的なモモに対して、ふくのビビりっぷり。
最初から決着はついてますね(笑)

この日から一度も喧嘩することなく、
仲良く(?)過ごしてくれて良かったです。


04120-7_201704121652108fe.jpg
さらに3日後。
モモふくがケンカしないことが分かったのでケージを並べました。
ふくはお店にいるときから抱っこが平気な子だったので
家でもおとなしく抱っこさせてくれました。
モモも抱っこは出来るけど、抱かれるのが大嫌いで
長時間は抱っこさせてくれなかったのでこの点も真逆でした。


04120-8_20170412165212b12.jpg
ここからは昨日の写真です。
ただ今換毛中のため、顔がボコボコです。
耳で隠れてる部分も毛が抜けてベリーショートになっています。


04120-9.jpg
うさぎの5歳というと、人間でいうと46歳ぐらい。
立派なおじさんですね。
うさぎ的にもシニア期に入ります。
見た目はまだまだ幼いけど、そろそろ足腰も衰えてくる頃です。
また、うさぎの3・5・7歳は転換期で
病気をする子が増えたりするので気を付けないといけません。
モモも病気が分かったのが5歳になってすぐでした・・・

5歳になる前の2月に健康診断をして、健康優良児のお墨付きをいただいておいてよかったです。

04120-10.jpg
モモのお供えを盗み食いするのをサークルでガードしてはいますが、
毎日お供えの牧草やペレットを交換するときに
モモにお供えしていた牧草(ライグラス・3番刈り・オーツヘイ)
だけふくにあげていますが喜んで食べています。
(ペレットやおやつ、果物類は太ってしまうので
さすがにあげられません(^^;)
もちろん残り物だけじゃなくて、ふくにも新しい牧草やおやつはあげてますよ。


04120-11.jpg
毎日抱っこして毛を抜いているので、
もちろん昨日も抱っこして毛を抜きました。
ふくは仰向け抱っこした時の顔が抜群に可愛いのです。
お店でもこの顔に一目ぼれしたんだっけな。


04120-12.jpg
誕生日なので、立派な苺をプレゼント。
モモが好きだったさがほのかだよ♪


04120-13.jpg
美味しそうに食べてます。


04120-14.jpg
と思ってみていたら残した!(笑)
なんて贅沢な食べ方なんだ・・・
モモだったら絶対残さないのに。
ふくはやっぱりりんご派のようです。


04120-15.jpg
というわけで、毎晩恒例のりんごもプレゼント。
こちらはちゃんと食べました。

大人しくて、ビビりだけど物事には動じず、
病院も平気で物音に驚くこともすくないふく。
良く食べてよく眠り、朝方は元気で一人運動会をくりひろげます。
これからも健康でモモの分まで長生きするんだよ。






にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ モダンインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

モモが月に帰りました

04030-1_201704031552079e8.jpg

気が付けば4月。
今日から新生活を始める方もたくさんいらっしゃるのでしょうね。
私も新生活といえば新生活を始めています。
というのも、3月30日の午後3時ちょうどに
モモが息を引き取りました。

2015年1月9日に病気がわかってから2年と2か月と3週間。
長い闘病生活を終えて、やっと楽になれたかな。
最後の日は一緒に居ることが出来ましたが、
とても苦しそうで、危ないと悟ってからはずっと泣いていました。

ですが4月1日に火葬を終え、気持ちの整理が少しできたので
報告させていただきます。

前回の治療経過から最後の日までの経過については
別の機会に書きたいと思います。

04030-2_20170403155209314.jpg
2010年1月28日の写真です。
我が家に来て5日目、初めてケージの外へ出たときです。
サークルの中を嬉しそうに駆け回っている姿がとても可愛かったです。



その時の動画です。


04030-3_2017040315521035e.jpg
2010年2月4日の写真です。
我が家に来て12日目、サークルの外にいると
こうしてハウスの上に上り、私を見つめるようになりました。
早くも甘えん坊の兆しが。
月へ帰る前日までこうしてサークルの角で私を待っていました。


04030-4_20170403155211273.jpg
2010年2月19日の写真です。
我が家に来て27日目、ケージの扉を開けると
走って来て私の足元にくっ付き、ゴロンしました。
1か月もしないうちにこんなにべったり懐くと思っていなかったので
すごくうれしかったのを覚えています。
これ以来7年以上の間、私にずっとべったりくっ付いて撫でられていました。
モモが居なくなってしまった今、すごく暇です。
ふくはしつこく構われるのは好きじゃないからな・・・

モモは初めて飼ったうさぎで、
私や夫にうさぎの可愛さ、賢さ、こんなに懐くんだという
驚きを教えてくれたうさぎでした。
またとても綺麗好きで、いつも耳やお尻が凄くきれいで
病院やうさぎのしっぽでいつも褒められていました。

超甘えん坊で、舐めウサギで私の手や顔を舐めまくり、
時にワガママでもありましたが
私のことを大好きでいてくれて、本当にうれしかったです。
気が強く、好奇心旺盛。
だからこそ辛い投薬治療や乳び胸の治療にも
長い間耐えられたんだと思います。
本当によく頑張ったね。
今まで本当にありがとう。ずっとずっと大好きだよ。


04030-5_2017040315521315c.jpg
モモが旅立ってから3時間以上経過し、
夕方の部屋んぽの時間にふくをサークルへ出すと、
モモの匂いを少し嗅いだだけですぐにケージへいったん帰り、
その後はまるでモモに興味を示しませんでした。
もうモモはここに居ないと分かったのかな。

モモは旅立ってすぐは苦しそうな顔をしていましたが、
段々と時間が経つうちに柔らかい表情へと変わっていきました。
モモに会いに来た母が「仏になったんだね。」と言っていました。


04030-6_201704031552264a3.jpg
最後の日、夫は飲み会でしたが
帰りにモモのために花束を買ってきてくれました。


04030-7_2017040315522869c.jpg
大好きだったクッションへ寝かせてあげて、
お供え物とお花を飾りました。
モモは今にも起きて撫でて~と来そうなぐらい、
綺麗な姿でした。


04030-8_20170403155229d82.jpg
火葬まで少し時間があったため、保冷剤をクッションの下に
置いていたので夫が寒いだろうと毛布を掛けてあげていました。
口元にモモの大好物のりんごけんぴをおいてあげていたら
いつの間にかふくが盗み食いをしていました・・・
なのでお供え物をケージの中へ避難させたら、
今度はモモを踏んづけて食べに行こうとする始末。
ふくには食べ物しか見えていないようです・・・汗


04030-9.jpg
4月1日午前11時、移動火葬車に来ていただき、
自宅で旅立ちの準備をしました。
火葬台の上に寝かせてあげて、紙でお皿を作り
その中に牧草やペレット、おやつを入れて持たせてあげました。


04030-10.jpg
12時ごろ火葬が終わり、母と夫と3人で拾骨し、
立派な骨壺に収めていただきました。
小さくなってケージに帰ってきました・・・
牧草やペレット、おやつに果物とお水をお供えしています。

この後お世話になった動物病院へ行き、
先生にお礼をするついでにふくの爪を切ってもらってきました。


04030-11.jpg
4月2日の朝、ふくがケージをのぞき込んでいるので、
モモを探しているのかと思いきや
美味しそうな匂いが気になるだけのようです・・・(^^;


04030-12.jpg
この日にお世話になった病院からお花が届きました。


04030-13.jpg
モモのケージ前にさっそく飾りました。
綺麗だね。良かったね、モモ。


04030-14.jpg
うさぎ&フレンチブルドッグのうさぼっこの夫人からは
とても可愛いプリザーブドフラワーを頂きました。
モモにそっくりな可愛いうさぎさんが!
すごく嬉しかったです。
お陰で元気が出ました。
本当にありがとうございます!!

04030-15.jpg
もちろん早速ケージの前に飾りました。
モモのケージ回りがすごく豪華で華やかになりました。
モモもきっと喜んでいます。
本当に本当に有難いです。
49日までの間、欠かさずにお供え物をしたいと思います。


まだ4日しかたっていないので、思い出すとやはり涙が溢れてきてしまいますが
モモが心配するといけないので、なるべく笑顔でいようと思います。
謎の男なふくが不思議な行動をするので
今はそれがすごく癒しになっています。
この悲しくて悔しい気持ちも、きっと時間が癒してくれると思います。






にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ モダンインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

プロフィール

momo*fuku(ちづ)

Author:momo*fuku(ちづ)
36歳共働きの兼業主婦です。
2012年12月末、積水ハウスの三階建て住宅ビエナで建てた二軒目の家が完成し、2013年1月に引越しました。
うさぎのふくともなか、夫婦2人の生活を綴ります。

ふく


ホーランドロップ♂
2012年4月11日生まれ

もなか


ネザーランドドワーフ♀
2017年1月25日生まれ
2017年8月23日、急変し月に帰りました。

モモ


ネザーランドドワーフ♀
2009年12月9日生まれ
2017年3月30日、胸腺種からくる乳び胸のため月に帰りました

はな


ホーランドロップ♀
2010年6月18日生まれ
2011年11月26日、月に帰りました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村