07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モモの胸水は「乳び胸」でした&治療・投薬記録/クリスマスディナー

あっという間に年末ですね・・・
相変わらずブログの更新が滞っていますが、
前回書いたクリスマスイブの日に
モモを病院へ連れて行った時の事を書こうと思います。


12270-1.jpg
前回の近況を書いたときに、横になって寝れるうちは
大丈夫だと言われていると書きましたが、
先週の木曜日(12月22日)ぐらいから寝るときに
座ったまま寝るようになり、
呼吸も荒く、撫でていてもすぐに体を起こし顎を上げるようになりました。

土曜日に体重を量ったら1390g。
前の週から増えていません。
体重を増やそうとペレットを増やしているのに、逆に食べる量は減っています。


12270-2.jpg
尿糖の検査用紙は今週も黄緑色になり、陽性でした。


元々病院へ連れて行く予定だったので、
午後一番の診察が始まる前に連れて行きました。
それでも待つこと30分。
その間もモモの呼吸は苦しそうでしたが、
酸素室へ預けてしまうとまた恐怖とストレスでご飯を食べなくなってしまいそうなので
今回も車の中で順番を待ちました。


診察が始まり、すぐにエコーで胸水の様子を診ると
かなり胸水が溜まってしまって、エコーの画像も真っ黒。
(胸水は黒く写るそうです)
そしてモモはここ何日か苦しくて体力も落ちていたのか
エコーを当てても反応がほとんどない状態。
その様子を見て、「すぐに胸水を抜いた方が良いです。
(いつもなら暴れそうだけど)今日は行けそうな気がする。」ということで
その場で胸水を抜くことに。


針を胸に刺して水を抜くので痛いそうですが、
モモはこの時も反応が薄かったです。
抜いている最中に何回かピクピクと痙攣していたのが
気になりました。やっぱり痛かったのかな・・・

途中で少し抵抗したため、完全には抜けなかったものの
20ml以上は抜けたと思います。
その抜いた胸水をみて「乳白色なのでおそらく乳び胸だと思います。
胸水の検査をしたいのでしばらくお待ちください。」
とのことで再び車内でまつこと数十分。

検査の結果はやはり「乳び胸」だろうとの事でした。
犬猫ではたまにある病気だそうですが、
まだ症例自体が少なく、本を見せながら説明したかったそうですが
まだ本が追いついてないため載っていないとの事。

先生から聞いたお話と、私なりに調べた事をまとめると
乳び胸とは胸管というリンパ管から脂肪を多く含んだリンパ液が漏れ、
胸腔内に溜まってしまう病気です。
乳び胸には交通事故などの強い衝撃によって起こる突発性のものと、
心臓病やリンパ腫などにより胸管が圧迫される事によって起こる
二次性のものがあり、モモの場合は
胸腺腫によって起こった二次性のものだと思われます。

胸腔内にリンパ液が溜まるため肺を圧迫し、
呼吸困難になります。
胸が痛むと横になって眠れないため、
じっと座っているようになるそうです。
まさにモモの症状そのものです。

治療法としては、手術をして胸管を縛ってしまうか、
定期的に胸水を抜きながらルチンを投与する方法があるそうです。
手術ができならとっくに胸腺腫の手術をしている。
ということで、定期的に胸水を抜きながら
ルチンを投与して様子を見ることになりました。

前回処方された利尿剤については、
違う種類の胸水には有効だそうですが、
乳び胸については意味がないそうです。


また、乳び胸の治療法はまだ確立されておらず、
探り探りの状態だそうで
先生も現在ルチンを処方しているのは
うさぎ1匹だけだそうです。
モモで2匹目ということかな。


12270-3.jpg
当日は尿も持参し、病院でも検査して貰ったところ
やはり糖が出ているということで、
ステロイドの量を減らし、2週間分を処方していただきました。


12270-4.jpg
こちらはルチン。
1日2回、余裕があれば3回投与してほしいそうです。
21回分を処方していただきました。
ルチンには毛細血管などを生まれ変わらせる作用があり、
壁を丈夫にすることによりリンパ液が漏れる量を減らす効果が期待できるそうです。

胸水がどのぐらいの間隔で溜まるかは個体差があり、
早い子は3日ほどで溜まることもあるそうです。
定期的に通院して調べなければいけないので
31日にまた連れていく事になりました。
胸水を抜く処置は危険な為、
モモの体力が落ちて抵抗する気力がない時の方が
安全なので、ギリギリのところを見極めるそうです。

12270-5.jpg
翌日の25日の写真です。
胸水を抜いて楽になり、横になることが出来るようになりました。
それまで眠れなかった事と、通院の疲れもあり、
この日はずっと寝ていました。



その時の動画です。
楽になったとはいえ、まだまだ呼吸は荒く
鼻の穴も全開で苦しそうです。
とはいえ、横になって眠れるようになっただけでも
本当に嬉しいです。
ルチンが効いて胸水が溜まらなくなることを願うばかりです。


******おまけ******

12270-6.jpg
イブの夜は通院で帰宅が遅くなってしまったため、
クリスマスディナーは超手抜き。
コンビニサラダにバゲット、コーンスープに
毎年恒例の水郷のとりやさんの
ローストチキンのみとなりました。


12270-7.jpg
ケーキは予約していた、ORIGAMIのノエルショコラ。
上に乗っている黒い玉はチョコレートです。


12270-8.jpg
お酒が効いていて、飲めない私は酔ってしまいそうでしたが(笑)
とても美味しかったです。




******医療費メモ******
診察料 864円
処置料(検査料込み) 4320円
胸水検査 2160円
内服薬14日分(処方料込み) 2721円
内服薬(処方料込み) 1134円
合計 11,119円






にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ モダンインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

No title

なんて難しいんだ・・・
利尿剤が効く胸水もあるのに、モモちゃんの病には効かないなんて・・・
でも病院でお水を少しでも抜いてもらってよかったね

リンパ液は乳白色なのか
20mlってうさちゃんにとったら結構な量だけど、それでも完全じゃないんだね

定期的に抜くっていっても、モモちゃんの「定期的」がどのくらいなのか・・・
イブの次は大晦日の診察、
モモちゃんはもちろん、ちづちゃんも不安が募るだろうけど
とても詳しく検査してもらえる先生に出会えたこと、これも奇跡!
モモちゃん、診察よく頑張ったね!えらいよ~!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

夫人さんへ

お返事が遅くなりましたm(_ _)m

リンパ液ですからね~・・・利尿剤じゃあまり効果がないそうです・・・
あの小さな体の胸の中に20mlですもんね
結構な量ですよね・・・
しかも大晦日にも病院に行って抜いてもらったのですが
もっと抜けたんですよ~・・・
「定期的」がもしかしたら週1じゃ足りないかもです・・・
先生は本当によくしてくださっていて感謝です。
頑張ってくれているモモにも感謝ですね~!

鍵コメさんへ

こんにちは。
お返事が遅くなって申し訳ありません。
こちらこそご無沙汰してしまってすみませんでした。
モモ、すっかり小さくなってしまって
目も見えなくなってしまいました・・・
応援をいつもありがとうございます!
こちらも応援していますよ!頑張れ~!!
こちらこそ去年はありがとうございました。
今年もよろしくお願いしますね。
私も頑張って更新しなくては・・・(笑)
Secre

プロフィール

momo*fuku(ちづ)

Author:momo*fuku(ちづ)
36歳共働きの兼業主婦です。
2012年12月末、積水ハウスの三階建て住宅ビエナで建てた二軒目の家が完成し、2013年1月に引越しました。
うさぎのふくともなか、夫婦2人の生活を綴ります。

ふく


ホーランドロップ♂
2012年4月11日生まれ

もなか


ネザーランドドワーフ♀
2017年1月25日生まれ

モモ


ネザーランドドワーフ♀
2009年12月9日生まれ
2017年3月30日、月に帰りました

はな


ホーランドロップ♀
2010年6月18日生まれ
2011年11月26日、月に帰りました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。