06
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

モモが月に帰りました

04030-1_201704031552079e8.jpg

気が付けば4月。
今日から新生活を始める方もたくさんいらっしゃるのでしょうね。
私も新生活といえば新生活を始めています。
というのも、3月30日の午後3時ちょうどに
モモが息を引き取りました。

2015年1月9日に病気がわかってから2年と2か月と3週間。
長い闘病生活を終えて、やっと楽になれたかな。
最後の日は一緒に居ることが出来ましたが、
とても苦しそうで、危ないと悟ってからはずっと泣いていました。

ですが4月1日に火葬を終え、気持ちの整理が少しできたので
報告させていただきます。

前回の治療経過から最後の日までの経過については
別の機会に書きたいと思います。

04030-2_20170403155209314.jpg
2010年1月28日の写真です。
我が家に来て5日目、初めてケージの外へ出たときです。
サークルの中を嬉しそうに駆け回っている姿がとても可愛かったです。



その時の動画です。


04030-3_2017040315521035e.jpg
2010年2月4日の写真です。
我が家に来て12日目、サークルの外にいると
こうしてハウスの上に上り、私を見つめるようになりました。
早くも甘えん坊の兆しが。
月へ帰る前日までこうしてサークルの角で私を待っていました。


04030-4_20170403155211273.jpg
2010年2月19日の写真です。
我が家に来て27日目、ケージの扉を開けると
走って来て私の足元にくっ付き、ゴロンしました。
1か月もしないうちにこんなにべったり懐くと思っていなかったので
すごくうれしかったのを覚えています。
これ以来7年以上の間、私にずっとべったりくっ付いて撫でられていました。
モモが居なくなってしまった今、すごく暇です。
ふくはしつこく構われるのは好きじゃないからな・・・

モモは初めて飼ったうさぎで、
私や夫にうさぎの可愛さ、賢さ、こんなに懐くんだという
驚きを教えてくれたうさぎでした。
またとても綺麗好きで、いつも耳やお尻が凄くきれいで
病院やうさぎのしっぽでいつも褒められていました。

超甘えん坊で、舐めウサギで私の手や顔を舐めまくり、
時にワガママでもありましたが
私のことを大好きでいてくれて、本当にうれしかったです。
気が強く、好奇心旺盛。
だからこそ辛い投薬治療や乳び胸の治療にも
長い間耐えられたんだと思います。
本当によく頑張ったね。
今まで本当にありがとう。ずっとずっと大好きだよ。


04030-5_2017040315521315c.jpg
モモが旅立ってから3時間以上経過し、
夕方の部屋んぽの時間にふくをサークルへ出すと、
モモの匂いを少し嗅いだだけですぐにケージへいったん帰り、
その後はまるでモモに興味を示しませんでした。
もうモモはここに居ないと分かったのかな。

モモは旅立ってすぐは苦しそうな顔をしていましたが、
段々と時間が経つうちに柔らかい表情へと変わっていきました。
モモに会いに来た母が「仏になったんだね。」と言っていました。


04030-6_201704031552264a3.jpg
最後の日、夫は飲み会でしたが
帰りにモモのために花束を買ってきてくれました。


04030-7_2017040315522869c.jpg
大好きだったクッションへ寝かせてあげて、
お供え物とお花を飾りました。
モモは今にも起きて撫でて~と来そうなぐらい、
綺麗な姿でした。


04030-8_20170403155229d82.jpg
火葬まで少し時間があったため、保冷剤をクッションの下に
置いていたので夫が寒いだろうと毛布を掛けてあげていました。
口元にモモの大好物のりんごけんぴをおいてあげていたら
いつの間にかふくが盗み食いをしていました・・・
なのでお供え物をケージの中へ避難させたら、
今度はモモを踏んづけて食べに行こうとする始末。
ふくには食べ物しか見えていないようです・・・汗


04030-9.jpg
4月1日午前11時、移動火葬車に来ていただき、
自宅で旅立ちの準備をしました。
火葬台の上に寝かせてあげて、紙でお皿を作り
その中に牧草やペレット、おやつを入れて持たせてあげました。


04030-10.jpg
12時ごろ火葬が終わり、母と夫と3人で拾骨し、
立派な骨壺に収めていただきました。
小さくなってケージに帰ってきました・・・
牧草やペレット、おやつに果物とお水をお供えしています。

この後お世話になった動物病院へ行き、
先生にお礼をするついでにふくの爪を切ってもらってきました。


04030-11.jpg
4月2日の朝、ふくがケージをのぞき込んでいるので、
モモを探しているのかと思いきや
美味しそうな匂いが気になるだけのようです・・・(^^;


04030-12.jpg
この日にお世話になった病院からお花が届きました。


04030-13.jpg
モモのケージ前にさっそく飾りました。
綺麗だね。良かったね、モモ。


04030-14.jpg
うさぎ&フレンチブルドッグのうさぼっこの夫人からは
とても可愛いプリザーブドフラワーを頂きました。
モモにそっくりな可愛いうさぎさんが!
すごく嬉しかったです。
お陰で元気が出ました。
本当にありがとうございます!!

04030-15.jpg
もちろん早速ケージの前に飾りました。
モモのケージ回りがすごく豪華で華やかになりました。
モモもきっと喜んでいます。
本当に本当に有難いです。
49日までの間、欠かさずにお供え物をしたいと思います。


まだ4日しかたっていないので、思い出すとやはり涙が溢れてきてしまいますが
モモが心配するといけないので、なるべく笑顔でいようと思います。
謎の男なふくが不思議な行動をするので
今はそれがすごく癒しになっています。
この悲しくて悔しい気持ちも、きっと時間が癒してくれると思います。






にほんブログ村に参加しています。
にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 多頭飼いへ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ モダンインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : うさぎ
ジャンル : ペット

No title

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

No title

ちづちゃんへ

やすらかなお顔で、とってもキレイなモモちゃん。
お母さまのおっしゃる通りだと思います。
2年以上の闘病生活、ちづちゃんも
本当によく頑張ったと思います。

不謹慎な発言かもしれないのですが、
肉体は衰えて、やがて土に帰りますが、
魂はまた違うカタチでちづちゃんの元に
戻ってくる日がいつかくると思っています。
その時はうさぎじゃないかもしれないけれどね。

今は空から見守ってくれているよ^^
きっとこれだけ大切にしてもらった気持ちは忘れてないからね。

No title

モモちゃん、最期まで美兎さんだね
大好きなご家族に囲まれて安心したのかな

ふくちゃんは・・・大丈夫そうかな?
また家につれておいでよ!

2年以上も闘病したんだもの
本当に頑張りやさんだったね
そしてそれは、ちづちゃんも同じ
ちづちゃんの気持ちに最期まで答えようとしてくれたね

あまりムリしないように、ゆっくりするんだよ~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まだ、私でさえ突然涙が流れるのに、ママさんblogありがとうございました。

シャトーも段々穏やかな表情になり
マルゴーはやはり一度来てから遠のいてました。

シャトーの分も食べるんだよ!
と話してからはやはり食欲増しで。

小さな小さな壺に入ってからは
暫く光が速いスピードで動きまわり
マルゴーは絶対しない行動したり。

ニコイチ生活の中で魂がひとつになりあるのだと!
ふたりの名前を今までと変わらずに
呼び話しかけていきましょう😊

哀しみや寂しさからさよならなんか
一生ないけど、出逢い苦楽を共に生き抜いてきた無敵な宝物を自慢にしていきたいですね。

馬面なぶぅぶぅ会話なシャトーは
優しいこだから、
私達を一緒にみてくれてます。

痛みない人生がスタートした
皮肉だな…と時々泣いてしまいますが、想い出を懐かしみ自慢親バカでいましょう。

なんて、活字打ちながらも
私が泣いてます… ママさん達の気持ち分かるから…

支離滅裂な文章すみません!

今度互いに爪切りがてらな病院で
お会いしたいですね🍀

大自然の法則さんへ

盲亀の流木
知らない言葉でしたが、めぐり合い、家族になり
命をつなぐ。
とても素晴らしい事ですね。
有難いお言葉をありがとうございました。
感謝を忘れずにいきたいと思います。

れおんさんへ

温かいコメントをありがとうございます。

そうですね。
いつか私の元へ戻ってくると信じて、
その日を待とうと思います。

私もモモにとても感謝しています。
空から見てくれているモモのためにも、
元気に生きて行こうと思います!

夫人さんへ

可愛らしいお花と温かい言葉をありがとうございます。

ふくは元気ですよ~!
落ち着いたらまた連れて行きますね♪

モモは本当によく頑張ってくれました。
私のわがままに付き合ってくれたモモには
感謝でいっぱいです。

ご心配ありがとうございます。
モモのいない生活にもだいぶ慣れてきましたよ。

鍵コメさんへ

モモのために涙を流してくださり、本当にありがとうございます。

そうですね。
やっと楽になれたと思います。
モモは本当によく頑張ってくれました。
今頃お空で一緒に遊んでいるかもしれませんね(^^)

こちらこそ、急いで見に来ていただいて
ありがとうございました。
これからもたまに泣くと思いますが、
ふくが居てくれて本当に助かっています。
多頭飼いって良いですよね。

chili tomato シャトーマルゴーの母

こちらこそ、モモの事を心配してくださり、
温かいコメントをありがとうございました。

シャトーちゃんもそうだったんですね。
マルゴーちゃんもふくと一緒でしたか・・・

ふくはもともとよく食べる子で、そこは変わらないでいてくれて
安心しています。
マルゴーちゃんにもこれからもたくさん食べてほしいですね。

ふくもモモとひとつになるかな?
これからどう変わっていくか、楽しみでもあります。

そうですね。モモはずっと自慢の娘だと思います。

シャトーちゃんも、モモも
お空から見守ってくれていますよね♪

今頃身軽になって自由を謳歌しているはず。

モモのために涙を流してくださってありがとうございます。

病院でいつかお会いできるといいですね(^^)
シャトーちゃんが繋げてくれたご縁ですものね。
先生もきっと驚きますね。

モモちゃん月に帰っちゃったんだね。
でも、きっと一緒に暮らせてて幸せだっただろうな。と
ブログの様子とかで思ってました。
私も最近、友人が亡くなってしまい時々思い出しては落ち込んでしまうけど、
毎日一緒に長く暮らしてたモモちゃんがいないなんて悲しいよね。

落ち着いたらまた会おうね!
今年も桜が咲く頃に声をかけようかどうしようかと悩んだけど、みんな忙しいだろうと諦めたの。

mochiへ

お返事が遅くなってごめんね。
モモ、すごく頑張ってくれたよ。
温かいお言葉ありがとう。
mochiもそんなにつらくて悲しいことがあったんだね・・・

私もお花見出来なかったな~って思ってたよ。
皆いろいろ大変そうだもんね・・・
ぜひ近いうちに会って話そうね(^^)
Secre

プロフィール

momo*fuku(ちづ)

Author:momo*fuku(ちづ)
36歳共働きの兼業主婦です。
2012年12月末、積水ハウスの三階建て住宅ビエナで建てた二軒目の家が完成し、2013年1月に引越しました。
うさぎのふくともなか、夫婦2人の生活を綴ります。

ふく


ホーランドロップ♂
2012年4月11日生まれ

もなか


ネザーランドドワーフ♀
2017年1月25日生まれ

モモ


ネザーランドドワーフ♀
2009年12月9日生まれ
2017年3月30日、月に帰りました

はな


ホーランドロップ♀
2010年6月18日生まれ
2011年11月26日、月に帰りました

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村